初心者向け戦争ゲームおすすめ人気ランキング2022年12月最新【徹底比較レビュー】

―――君達はいったい何を望んでいる?

「戦争! 戦争! 戦争!」

「……よろしい、ならば戦争だ」

っというわけで! 今回は、血で血を洗う戦争ゲーム特集!

他のジャンルと違って己のスキルが試される、対人要素が醍醐味のゲームジャンルになります。

また、チーム戦が多い、というか全てチーム戦に重きをおいているので、プレイヤー間のコミュニケーションが非常に大切になってくるジャンルです。

仲間達と協力してプレイしていく事になるので、対人スキルも養えますよ!

残酷描写は、このゲームジャンルの常なので、そういったモノが嫌いな方はブラウザバック推奨。

硝煙と血風が吹き荒れるフィールドが好きなトリガーハッピーな野郎共は、このままスクロールだ!!

目次

Alliance of Valiant Arms

超有名タイトル。 通称「AVA」

特徴としては、距離によって銃弾のダメージが減衰してしまうため、長距離からのヘッドショット(芋スナプレイ)がやりづらい点が挙げられます。

ある程度FPSに慣れてくると、個人でスナイプするよりも、集団で仲間と一緒に行動し、援護や隙を狙った銃撃が当たり前になってくるので、あまり支障はないはず。

むしろこの仕様のおかげで、最終的には集団でガチンコバトルに発展するので、戦争をモチーフにしたゲームとしては健全なのではないでしょうか。

私はチキンハートなので少し辛いモノがありましたが、スカイプ等でコミュニケーションをとりながら仲間と作戦をたて、戦っていくのは非常に面白かったです。

賞金一千万円の大会等、公式が主催するゲームイベントも多いので、アナタもプロゲーマー目指してプレイしてみてはいかがでしょうか?

[btn class=”big lightning”] 公式サイトはこちら![/btn]

スペシャルフォース2

同名タイトルの後継作品。 通称「SF2」

前作からリメイクされたマップが用意されていて、ほんのりと前作の匂いを感じられるので前作プレイ者は「ニヤリ」と出来る場面が多数ある。

その反面、ゲームルールや操作感等は大幅に変化しているので、前作をやり込んだ方ほど戸惑うかもしれません。

他のゲームと比べて1回の戦闘にかかる時間が短く、大体が1分くらいでケリがつくので、空いた時間に腕試し、練習、その他諸々完了出来るのは時間が無い方にも魅力的なのではないでしょうか。

ただ、短い戦闘時間のせいで仲間や自分の一挙一動が戦局に大きく影響してしまう点は初心者には少し厳しいかもしれません。

このゲームジャンル全てに言える事ですが、プレイヤーの中には他人を見下し、嘲笑う、RP(ロールプレイ)を好んでいる方が大勢います。

チャットのオン・オフが設定可能なので、暴言や煽りに耐性が無い方はオフモード推奨(笑)

[btn class=”big lightning”] 公式サイトはこちら![/btn]

攻殻機動隊SACオンライン

当サイトでも何度か取り上げている、新作オンラインゲーム。

タイトルからも分かる通り、原作は、近未来を舞台にするサイバーパンク作品「攻殻機動隊」。

アニメや映画等のメディアミックスが盛んな作品ですが、その中でも人気が高かったアニメ「攻殻機動隊S.A.C」を元にして作られています。

原作準拠のフィールドや武器が多数実装されているので、原作ファンはワクワクとした気持ちでプレイ出来る事でしょう。

特徴としては、様々な武器から好みのモノを選んで戦闘を重ねるとカスタマイズ出来る、といった育成要素や、原作アニメでも人気が高かった架空兵器「タチコマ」を使ったゲームルール等が挙げられます。

新作のアニメでは主人公の「草薙素子」の声優が変更になってしまって落ち込んでいたのですが、こちらの素子は変わらず「田中敦子」さんだったので安心しました。

まぁ「攻殻機動隊S.A.C」を元にしたゲームなので当たり前の事なのですが、それでも私としては嬉しかったですね。

原作同様、ありそうで存在しない架空兵器や、存在したら楽しそうな武器が多く実装されているので、一風変わったFPSをプレイしたい方に超オススメ。

[btn class=”big lightning”] 公式サイトはこちら![/btn]

フィギュアヘッズ

ありそうで無かった、オンゲとソシャゲの良いとこ取りをしたような新作オンラインゲーム。

少し、「戦争ゲーム」というジャンルに分類するか悩んだのですが、見切り発車で記事に組み込んでしまいました(笑)

最初の文の通り、このゲームはオンラインゲームとソーシャルゲームの良い所を混ぜ合わせたような、そんな不思議なシステムになっています。

「フィギュアヘッズ」と呼ばれる人工知能プログラムを収集、育成していくソシャゲのような楽しみ方、かたや戦闘では本格的なTPS(三人称視点)のロボットバトルを体感でき、自機のカスタマイズ要素もあって飽きることなくプレイ出来る事でしょう。

初期の頃はプレイ人口が少なく、プレイヤーの練度(プレイヤースキル)に依らないマッチングが多々あり、遊びにくい印象でしたが、PS4とのマッチングが可能となり、それも改善されました。

欠点があまり見当たらない楽しいゲームなので、対人戦闘やアクションゲームが好きな方は是非一度お試しあれ。 きっと気に入りますよ!

[btn class=”big lightning”] 公式サイトはこちら![/btn]

BLACK SQUAD

比較的新しいタイトルで、他のFPSと比較するとグラフィックが綺麗な上に動作が軽い。

全体的にこれまでのFPSで実装された要素をマイルドに調整し、バランスをとったFPSと言えるでしょう。

そのため尖った所が無く、練習部屋等も多いため、これからFPSを始める方にとってはプレイしやすい環境と言えます。

最大の特徴は多人数参加型のバトルにあり、最大32人で「戦争!! 戦争!! 戦争!!」と叫びながら銃をぶっ放す事が出来ます。

まるで本物の戦争さながらのカオスが体験出来るので、個人的に一番、「戦争」を再現していると思えたゲーム。

これまでのFPS同様、少人数でのチーム戦も搭載されているので、PCスペックに自信が無い方や、32人バトルでPCの挙動がオカシイ方はそちらをオススメ。

ただ、やっぱり多人数で参加出来る32バトルが醍醐味の一つだと思うので、この際、古いPCを捨てて新調するという手も….

乱立するFPS作品の中ではプレイ人口が多い部類なので、これからも末永く楽しめる事でしょう。

[btn class=”big lightning”] 公式サイトはこちら![/btn]

サドンアタック

FPSゲームといったらこのタイトル。 もはや、長期に渡る運営が人気の証拠になっているオンラインゲーム。

FPSジャンルに足を踏み入れてから、そう長くは経っていないニワカプレイヤーの私としては、初めてFPSを触った思い出深い作品になります。

長く継続されているタイトルなので、やはり、若干グラフィックに難がありますが、それは短所だけではありません。

PCの性能に左右されないプレイ環境、と言い換えれば長所と捉える事が出来ますからね!

特徴としては、プレイヤーの見た目を変えるアバターが多く実装されていて、運営の長さゆえに、その種類も豊富。

今から全て手に入れようと思ったら相当な資金が必要なため、あまり良い事だけではありませんが、「やっぱり好きな姿で戦場を駆けまわりたい」というのがゲーマー心ですよね!

モチベーションが上がるので、これからプレイする方はゲームに慣れたら購入する事をオススメします。

意外と見た目の変化だけでもプレイ時の楽しみがググっと上がるモノですよ。

運悪く中身が古参なプレイヤーに出会ってしまった際は、潔く突撃しましょう(笑)

[btn class=”big lightning”] 公式サイトはこちら![/btn]

まとめ

今回は「戦争」モノのゲームを集めたゲーム特集でした。

冒頭の茶番は漫画「ヘルシング」を読んでもらえれば理解して頂けるかと(笑)

「戦争」と聞くと、まっさきにアレが浮かんでしまう私は、どうやら頭がヤられているようです…

気が早いかもしれませんが、この先に待っている夏に向けたゲーム選びの一助になれたら幸いです。

それではまた! 良きゲームライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次