NHKハンゲームが運営をしているソウルワーカーは、アイテム課金制を取り入れた基本無料のオンラインゲームです。キャラクターを操作してジャンプやダッシュなどを行うアクション性の高いMMORPGで、操作方法は非常に簡単で、キーボードでのゲームプレイに慣れていない人でも遊ぶことができます。

logo

アニメのような3Dグラフィックになっており、操作キャラクターやNPCもたくさんボイス付でしゃべるのでプレイをしながらでも映像作品をみているような感じです。

オンラインRPGの魅力の一つであるマルチプレイはオートマッチイングシステムで手軽に行うこともできます。オートマッチングシステムは、レベル帯が近いプレイヤーと自動でパーティを組むことができるシステムです。パーティー募集や、フレンドと一緒にプレイすることもできますが、手軽にゲームを進めたい場合などには便利です。

また、ソロでプレイをする場合でも、ソウルワーカーの主要NPCが最大3人までパーティとして行動をともにしてくれるので、ソロでも安心して遊べます。NPCは専用の装備を使うことで強化が可能であったり、フレンドのステータスの一部を適用することで一時的な強化なども可能です。

ソウルワーカーの公式ムービーを見てみましょう♪

https://www.youtube.com/watch?v=yp7vdXaZIOc&index=21&list=PLMuMhsWgfJbHf0xTlCJD0veJaE1yo9tue

https://www.youtube.com/watch?v=FnoDgg3klc0

ソウルワーカーを遊ぶために必要スペック

ss002

ソウルワーカーの公式ページに書いてある動作に必要なスペックをまとめると動作に必要な環境でもある程度のスペックが必要そうです。OSがWindows7以上、CPUがCore2Duo以上、メモリが2GB以上グラフィックカードがGeForce8800以上、HDDの空き容量が6GBmDirectxが9.0c以上が動作に必要な環境です

ここ5年ぐらいで発売されているパソコンであれば動作は可能だと思いますが、あくまでも動作環境なので。

動くかもしれませんが、なるべくスペックを満たしたほうがよいでしょう。グラフィックカードを搭載していないオンボードのパソコンの場合はメモリが4GB以上でないと動作しない場合があるらしいので注意です。

公式ページの動作環境には書いていなかったのですが、起動する際にはブラウザはIEでないと起動しませんでした。OSがWindows10の場合はブラウザが変わっているかもしれないので注意が必要です。

まずは登録しよう♪

ss003

ソウルワーカーはハンゲームが運営しているゲームなので、まずはハンゲームのID登録が必要です。ハンゲームのIDを登録するには、メールアドレスも必要になります。gmailやヤフーメールあたりは、アドレスの取得も簡単にできるので、ひとつはゲーム用に取得しておくと便利です。

ハンゲームの登録が済んだら、ソウルワーカーの利用規約の同意が必要になってきます。ソウルワーカーの公式ページにある左側のGAMESTARTをクリックすると利用規約のページに飛びます。

次はクライアントのダウンロードですが、ブラウザの指定とActiveXのインストールが必要になってきます。ソウルワーカーは、インターネットエクスプローラーというブラウザからの起動が推奨らしくほかのブラウザからは起動ができませんでした。Windows10の場合はデフォルトのブラウザはインターネットエクスプローラーではないので、IEを探す必要があります。またActivetXの同意が必要と言われるのでこちらも同意する必要があります。IEでログインをしてゲームスタートをクリックすることで、ソウルワーカーのランチャーが立ち上がります。

ss004

ランチャーのインストールボタンをクリックすることでゲームのクライアントのダウンロードとインストールが可能になります。インストールする場所を選択して、インストールを完了させるとようやくゲームがプレイすることが可能になります。

ソウルワーカーの進め方

インストールが終わったらまずはキャラクターの作成です。キャラクターはそれぞれにストーリーがあるので、オープニングムービーや背景などに違いが出るが基本的にはメインクエストは同じになってきます。

キャラクター毎に使う武器や回避のアクション、スキルなどに違いがあります。

ハル
ss011

ハルは大剣をつかった女子高生のキャラクターで、扱いやすいのが特徴です。一撃の威力が高く、敵のスーパーアーマーを破壊する攻撃手段を多くもっているので敵陣に突っ込んで攻撃をするだけでも簡単に殲滅できます。

自己を強化するスキルや覚醒をすることで防御が上昇するので単騎特攻はやりやすいキャラクターです。その反面では、敵を吹き飛ばしたりする攻撃が多いので、パーティーでプレイする際にはすこし注意が必要。

アーウィン
ss007

アーウィンは銃を使った男性のキャラクターです。二丁拳銃によるすばやい攻撃が特徴で手数が稼ぎやすくソウルゲージがたまりやすいので、スキルをガンガンつかう戦い方になります。また、状態異常を与えるスキルなどがあるので支援をしてパーティのサポートに回る事もできます。スキルを中心とした戦いになる分、通常攻撃は他のキャラクターと比べると使いにくい。

リリー
ss008

リリーは鎌をつかった広範囲の攻撃が多いですが、スキも多く使うにはジャンプによるキャンセルや空中攻撃を中心に戦う事になります。クリティカル率が高いので高い火力がありますが、スキルのクールタイムは長めです。

ステラ
ss009

ステラはギターを使った攻撃で、ギターによる直接攻撃もありますが、幽霊による遠距離攻撃や範囲攻撃が便利です。また敵を集めたりするスキルや回復スキルなどもあるので支援やサポート型のキャラクターでもあります。

ジン
ss010

新しく実装されたキャラクターのジンは、両腕に装備したグローブのような武器で殴って戦うキャラクターです。独自のカウンターというシステムで敵の攻撃を回避して反撃する攻撃を中心に戦います。

カウンターを成功させることでソウルゲージが回復するので、スキルで攻撃してカウンターで回復と攻撃をして同時に行うことで戦います。敵を敵を吹き飛ばすスキルがあるのでパーティでの使用には注意。

ゲームの流れ

ss012

ss013

ss014

ゲームの進行は、クエストをどんどん消化していくという方法でゲームが進行していきます。クエストの内容は、NPCと会話をしたり、クエストをクリアしたり、アイテムを集めていくというものです。

ただし、クエストを進行するために特殊なメイズとよばれる場所に行く必要があるのですがメイズにいくにはFPとよばれるものが必要になってきます。

FPは他のゲームでいうところの疲労度のシステムのようなもので、毎日200FPほど配布されて最大600FPまでストックが可能です。FPが尽きてしまうとダンジョンには入れないのですがキャラクター毎に毎日200FPもらえるので、尽きてしまった場合は他のキャラクターで遊ぶという方法があります。

キャラクターの装備は、武器とギアと呼ばれる4箇所に装備する防具とアクセサリーとソケットとよばれるものがあります。装備の入手方法はメイズに侵入したクリア報酬や敵のドロップのほかに店での購入、クエストなどで入手したアイテムを合成してあたらしく作るといった方法があります。

武器と防具は強化することも可能で、気に入った武器を強化して長く使っていくことも可能です。+4までは強化の失敗はありますが、+5以上の強化をしようとすると装備が破損して、装備できない状態になることもあります。見た目が変化するアバター装備などもあります。

やりこみ要素として、称号やメイズの占有率、レイドボスなどがあります。称号は、クエストの報酬や特定のやりこみによって手に入れることができます。キャラクターにセットすることで能力が上がったりします。

カジュアルレイドは55レベルになると各拠点で専用のクエストを受注して入れることができる難易度の高いメイズです。FPを消費するだけではなく1日2回までしか入れないなどの制限もあります。

実際にプレイした感想

ソウルワーカーは、最初はサービス開始についてもあまり知らなかったのですがバナー広告を見て面白そうだったのとキャラクターが可愛かったので実際にプレイしてみたくなりました。

普段は、操作がキーボードのゲームはプレイしないのですが、ゲームパッドも使えるという事で問題は無いかなーと思ってました。しかし、ゲームのチュートリアル中ではゲームパッドでの操作が出来ない仕様でした。

チュートリアルを進めて、拠点のような場所に到着するとゲームパッドの設定などができるようになったのでゲームパッドで操作してみました。ゲームパッドの設定などもいじったのですが、上手く操作ができなくて結局キーボードとマウスで操作することにしました。

キーボードでの操作が苦手な自分でしたが、このゲームはキーボードとマウスで遊ぶようにできていてゲームパッドでも操作はできますが、パッドのほうが操作しにくいという感じでした。

苦手な人でも簡単に操作できるので、アクションが苦手、キーボードが苦手という人にもおすすめ。雑魚戦では大量の敵を相手にすることが多いので、無双シリーズのような爽快感があります。

メイズの最後にいるボスでは、ヒットアンドアウェイなどが大事になってきます。パーティを組んで遊ぶ時は、比較的乱戦でも倒せる事もあるので強引にいってもあまり問題なさそうでした。

課金システムについてですが、強化に失敗して破損した武器を直すことができるようになったり、手持ちのインベントリの拡張や倉庫の拡張などに使えるようです。実際に課金はしなくてもレベル30までは問題なくプレイすることができました。

手軽に無双っぽいオンラインアクションRPGをプレイしたいなら良いゲーム。ソウルワーカーを初めてプレイするという人には、必要なものが多いかなと思いました。スペックもある程度のパソコンが必要になってきます。

プレイできる人であれば、操作も簡単で手軽に遊ぶことができる良いゲームです。ゲーム自体は、まだまだサービスを開始したばかりで発展性があるゲームですので今後も期待できます。

ソウルワーカーの口コミ・レビュー評価は?

正式サービス後に期待

【良い点】
他の方が挙げられている通り、日本では受けの良いグラフィック、BGM等が挙げられます。
ゲーム内に日本アーティストの音楽が流れたりする点もとっつきやすい。

ゲームシステムで言えば確かに他のゲームを彷彿とさせるものがありますが、「お手軽」であり悪くはないと思います。
SA(スーパーアーマー)を剥いだ後数秒しかない間にどれだけ高威力スキルを叩き込むか、広範囲行動不能攻撃をどう凌ぐか、といったPS要素はありますが雑魚戦はただひたすらにマウスクリック+スキルぶっぱでどうにかなります。
キャラの見た目が可愛く、アバターもあるので自分のキャラを着飾る点では非常に高ポイントです。
【悪い点】
他の方が挙げられている通りで差し支えありません。
Oβ時点でのバグや遅延は仕方ないものの、一番ネックなのはFP(疲労度)システムでしょうか。
Lv20を超えてきたあたりから1つのダンジョンに入るのに10以上のFPを必要とします。
疲労度の回復アイテムを使わないとすれば1日に20のダンジョンに入るのが精一杯で、1日1時間程度のライトユーザーならともかく、無課金でメインゲームとしてヘビーに遊ぶことはかなり難しくなるでしょう。

また、この手のゲームとしてはキャラの挙動が少しヌルいです。
自分がFPSなどの高レスポンスを要求されるゲームに慣れているのもあるのかも知れませんが・・・

他にも連続で箱を開けるときや強化等のインターフェースの使い勝手が悪いことなども挙げられます。

【総評】

現時点ではこれからに期待、というところでしょうか。
グラフィックと音楽は出来が良く、新たに始めてみようと思うきっかけは多いゲームだと思います。
しかしオンラインゲームが不慣れな人にとってはなかなか辛いゲームだと思われます。
他にも無課金で疲労度を回復できる何らかの手段が無ければ無課金でヘビーにやることは不可能なので人は定着しないものと思われます。

引用元:http://www.onlinegamer.jp/review/9920/

ソウルワーカーTwitter口コミ・レビュー

https://twitter.com/rixyouko/status/801523207429726208

ソウルワーカー2ちゃん口コミ・レビュー

編集中

 

 

おすすめの記事