Vector Gameが2016年12月16日から正式サービスを開始したターン制カードゲーム『ランブルバースト』。

対戦型のターン制カードデュエルが遊べ、カードの種類は何と400種類以上用意されている!

速攻型やコンボ重視など様々なデッキを駆使して対戦を楽しめる。

基本無料のアイテム課金制となっているので、誰でも手軽に始めることが出来る。

また、ブラウザゲームなのでクライアントのインストールも不要!

ノートパソコンでも遊べるようになっている。

ランブルバースト公式動画をチェック!

気になる対戦の様子は公式動画をチェック!

この様に、テーブルを挟んでカードバトルを繰り広げていく。

対戦と聞いてちょっと躊躇してしまう初心者の人も大丈夫!

最初はチュートリアルで丁寧にNPCがカードバトルのやり方やルールなどを教えてくれるので、何も知らなくてもチュートリアルを終える頃にはきちんと戦えるようになっている。

ゲームの始め方!気になるスペック・動作環境は?

%e7%92%b0%e5%a2%83

ブラウザゲームなので、基本的にはブラウザが最新版であれば問題なく遊べる。

フラッシュプレイヤーも必要なので、最近更新していない人は最新バージョンかをチェックしておこう。

%e5%85%ac%e5%bc%8f

『ランブルバースト』はVector Gameハンゲーム、そしてニコニコアプリの3つのサイトから遊ぶことが出来る。

ゲームを遊ぶには、それぞれの会員ID(無料)が必要になるので既存IDを持っている人はそちらのサイトからログインして遊び始めよう。

また、各IDの他にVector Game サイトではTwitter、Facebook、mixi、Yahoo!japan、google+の外部IDでもログイン可能だ。(ハンゲームサイトではTwitter、Facebook、Googleの3つ)

%e5%85%ac%e5%bc%8fh

それぞれの公式サイトの「ゲームスタート」ボタンをクリックしてログインをするとゲーム開始となる。

(サイトによってはログインが先の場合もあります。)

1

ゲームスタートをクリックすると、ロビーを選択画面になるので、ロビーを選択する。

今はサービス開始直後なのでロビーはひとつだが、今後どんどんロビーが追加されるだろう。

2

VectorGameサイトの場合はこの後ログイン画面が表示されるので、IDを選択してログインしよう。

3

無事ログイン出来るとゲームを始めることが出来る。

主人公を作成する

ゲーム開始後、主人公作成の画面になる。

5

選べるのは性別と各13種類いるアイコンから好みのキャラクターを選択しよう。

あとは名前を決めれば完了だ。

6

男性はきつめの顔立ちが多いが、女性は愛嬌のある顔立ちが多くなっている。

13種類と豊富に用意されているので、選ぶのが楽しい。

決定すれば、チュートリアルが開始される。

チュートリアル

7

チュートリアルが完了するまでは、他の機能は解放されない。

まずは案内に沿って進めて行こう。

8

チュートリアルは全部で6つある。

カードゲームを全く知らない初心者でも、ひとつずつ丁寧に説明してくれるので最後の最終試験に辿り着く頃には安心して対戦を開始出来るはずだ。

9

開始後は軽く世界設定がスクロールで説明される。

10

「ちょうこう」さんという教官が教えてくれる。

教官なので口調は命令形だが、教えてくれる内容は詳しく丁寧だ。

11

まずはテーブルの手前が自分のエリアとなる。

カードが左側に積まれているが、これが自分のデッキでここから手前の手札にカードを出してくることをドローと言う。

ゲーム開始時はこのデッキから5枚カードがドローされる。

以降、毎回自分のターンになった時に1枚デッキから自動でドローされる。

13

戦闘は相手と自分と交互に操作を行って行く。

先攻、後攻を決めるのはゲーム開始時に行われるコイントス。

15

先攻の時は最初のターンは攻撃が出来ないというルールになっている。

場にカードを出してターン終了ということだ。

場にカードを出すことをプレイという。

17

カードの見方はこのようになっている。

こうして見ると、小さなカードにびっしりと情報が詰め込まれている。

今すべてを覚えなくても大丈夫!

チュートリアルが終わる頃にはどれがどんな情報かがわかるようになっている。

20

カードの上部の真ん中に表示されている紫の◆が、場にカードを出す(プレイする)ためのコストとなる。

21

そのコストはどこに表示されているかというと、左下に表示されている自分の右上に大きな紫の◆の中に表示されている数字となる。

このコストはCPと呼び、毎ターン1ポイント回復する。

最大で3ポイントまで貯めることができる。

22

それぞれの見方はこうなっている。

HPが0になると負けてしまうので、注意しよう。

23

さて、自分のターンになったので手札からカードを選んでプレイしてみよう。

カードにカーソルを合わせると自動でコマンドがポップアップしてくるので、その中から「プレイ」を選ぶ。

24

戦闘エリアにプレイしたカードが縦向きになっていると、攻撃態勢になっているという意味なので戦闘開始のボタンをクリックすると相手カードへ攻撃が出来る。

25

攻撃開始をクリックした後、攻撃をするカードへカーソルを持って行くと先ほどと同じようにコマンドが出てくるので、「攻撃」を選択しよう。

26

すると、攻撃可能な対象に矢印が出るので攻撃相手へカーソルを合わせてクリックすると攻撃開始となる。

27

この時に注意するのが、攻撃を受ける側は攻撃を受けた時に関係があるのは攻撃力の数値であるということ。

ゲームによっては防御力が、攻撃側の数値を上回っていれば防げたりするが、このゲームは防御は別で使うので攻撃時には相手も攻撃力の数値を見る。

今回の場合は自分のカードの攻撃力が「3」、相手カードの攻撃力は「1」なのでカードを撃破できることになる。

28

撃破されたカードは墓場と呼ばれる場所へ下げられる。

29

攻撃カードが相手カードより高い攻撃力を持っていた場合は、オーバーした攻撃力分だけ相手プレイヤーのHPにダメージを与えることが出来る。

今回の場合は、自分のカードが「3」で相手カードが「1」の攻撃力だったので、相手プレイヤーのHPに「2」のダメージを与えることが出来た。

この様にして、相手のHPが0になれば勝利することができる。

逆に自分のHPが0になったら敗北だ。

その他にも、相手のデッキのカードが尽きたり、特別なカードに記載された勝利条件を満たすことでも勝利することが出来る。

33

因みに、お互いが同じ攻撃力だった場合は相討ちとなり両方のカードが破壊される。

32

出来ることがなくなったら「ターン終了」のボタンで相手のターンへ移行する。

この繰り返しでお互いカードを繰り出し、勝敗が決するまで戦って行く。

この後は相手のHPが0になるまで自由に戦うことができるので、実際に動かしてみよう。

35

もし操作が違っていたら、ちゃんと次はここですよと案内が出てくるので安心して進めてみよう。

36

配られるカードはランダムだが、どのカードを出してもいいので好きなカードを出していこう。

先ほど教えてもらったように攻撃していけば、そうそうピンチになることもないカードが揃っている。

38

相手のHPを0に出来ると勝利となる。

恐らく数ターンで決着がつくはずだ。

39

レベルもアップした!

この調子でどんどん進んでいこう。

41

クリア報酬で新しいカードを貰った!

カードはこのように報酬で貰うこともあるし、課金をして入手することも出来る。

入手したカードはデッキ画面で確認することが出来る。

43

右側が所持カードとなっている。

これが少しずつ開放されて行くのを見るのも楽しい。

コンプリートを目指してみたくなる!

44

真ん中の列はデッキとなる。

ここに設定したカードが戦闘で配られることになるので、新しく入手して使用したい場合は忘れずに設定しよう。

設定は右側の所持カード一覧から、カードをドロップしてくれば完了だ。

自動保存されるので、デッキ一覧に入ったのを確認すればあとは閉じても大丈夫。

いくつかのデッキが保存できるので、作戦に合わせて速攻型やコンボ型などを作って使い分けるのもいい。

46

このようにして、最後の最終試験に向けて頑張って進めて行こう!

年末年始に始めてみよう!

4

いかがだったろうか?

カードゲームを何も知らなくても、ルールや用語もチュートリアル中に教えてくれるので一度理解してしまえば簡単に感じるだろう。

カードを集める楽しみもあるので、コレクションが好きな人も熱中できそう。

対戦型なので、毎回違った相手や戦術を楽しむことが出来る魅力的なゲームになっている!

開催中のイベント

161222_christmasbanner

開催期間:2016年12月22日(木)メンテナンス終了 から 2017年1月12日(木)メンテナンス開始まで

期間限定で出現するイベントNPCと戦ってポイントやイベント券を集めよう!
集めたイベント券を引き換えて、イベント専用カードパック「聖夜パック」が開封できる!
そして、累計ポイントに応じて様々な達成報酬をプレゼント!

おすすめの記事