FF初の戦略ゲーム「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」

「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」ってどんなゲーム?

ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」は、米国のデベロッパーである「Machine Zone」がファイナルファンタジーⅩⅤ(以下「FF15」)の開発・販売元である「スクウェア・エニックス」と提携して開発したスマートフォンアプリゲームです。

タイトルは「アラオー」とも称され、本編FF15とは区別して呼ばれます。

元々は「A New Empire」とサブタイトルがついていましたが、日本に配信する際に「新たなる王国」と邦題を改められたようです。

 

FF15に連なるタイトル群の一つであり、「ファイナルファンタジーⅩⅤユニバース」という括りのタイトルの一本となっています。

しかし、ゲームジャンルは本編であるFF15とは大きく乖離を見せており、海外のスマートフォンアプリゲームとしてはメジャーなゲームジャンルである「オンライン戦略シミュレーション」です。

それでも世界観は完全にFF15と共通しており、地名や登場キャラクターは全く同じものが登場します。

 

配信開始は2017年6月29日で、2020年5月4日で配信から3年目となっています。

アプリとしてもそれなりの期間運営されてきたようですね。

ノクティス達と一緒に国を運営しよう!

「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」は前述の通り、FF15本編とは大きく方向性が変わったゲームになっています。

「広大な世界を冒険し、敵を倒して世界を救う」というRPGジャンルだった本編とは打って変わって、「自身に与えられた領地を整備し、全世界で同じゲームをプレイしたメンバーと争ったり協力したりしながら領地の発展を目指す」というゲームに変わっています。

公式では「MMORPG」と言われているものの、大体の人が想像するだろうRPG要素はあまり無く、「ロードモバイル」や「ゲーム・オブ・ウォー」といったオンライン戦略ゲームやストラテジーゲームと呼ばれる分類のゲームであると考えた方がいいです。

簡単に言えば、「FF15でおなじみのキャラクターたちと一緒に国を経営していくゲーム」なのです。

ガチャもリセマラも無い!

「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」にはガチャ要素はありません。

そのため、リセマラも存在しません。

最初は誰もが全く同じ条件で始まり、発展させていくのです。

そのため、課金要素はほぼ無く、課金をしなくてもゲームを進めて行けるのが大きな特徴です。

課金要素は「施設の建設や兵士の鍛錬を即時終了させる」や「建物を建設する空き地を増やす」といった、ゲームの効率を上げたり、時間を短縮させたりするものだけです。

速く強くなるためには課金をしたほうが良いとも言えますが、別段急いでゲームを進めないという人には必要のない要素ばかりです。

課金をしなくても、ゆっくりとはいえ進められるというお財布に優しいゲームなのです。

実際に「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」で遊んでみよう!

それでは、実際に「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」で遊んでみましょう。

まずはダウンロードをしよう!

まずはアプリ本体をダウンロードしましょう。

iPhoneやiPadなどのアップル社製品なら「App Store」から、Android端末なら「Google Play Store」からアプリをダウンロードしてください。

ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国の公式サイトに飛んでアプリケーションをダウンロードしても良いでしょう。

アプリケーションのサイズは153.6MBと軽めで、気軽にダウンロードがしやすくなっています。

勿論、このサイズより空き容量が少ない場合はダウンロードが行えないため、容量は十分に空けてからダウンロードに移りましょう。

アプリを起動しよう!

アプリケーションのダウンロードが終了したら、アイコンをタップしてアプリケーションを起動します。

ゲームは縦画面で進行します。

初回起動のダウンロードと通知の設定が終わると、即時ゲームが開始されます。

タイトル画面に変遷することはありません。

チュートリアルをプレイしよう!

ゲームを起動すると開始されるチュートリアルを進めていきましょう。

ゲームのチュートリアルの案内は本編FF15でもおなじみの「シドニー・オールム」が行います。

シドニーの指導に従ってゲームの基本を覚えていってください。

チュートリアルでは「ギルド」「プレゼントボックス」「装備」「建設」「研究」「クエスト」などについて教示されます。

ですが、従って進めているうちに、いつのまにか終了しています

終了すると、メールにチュートリアルを突破したというメッセージが配信されますが、別段メールに特典はありません。

 

チュートリアルを突破すると、24時間他のプレイヤーから侵攻を受けない「王国バリア」が発動します。

24時間だけ攻め込まれることはないため、自由にゲームを遊んで慣れてください。

クエストを進めよう!

ゲームをどう進めていいかわからなくなった場合は、クエストに従えば大体進行します

クエストはトップ画面左下に表示されています。

最初はこのクエストに沿ってゲームを進めていくのが良いでしょう。

「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」を実際にプレイしてみた感想まとめ

筆者はあまりストラテジーゲームをプレイしておらず、得意としているゲームジャンルではありませんでした。

元々街を作ったりするシミュレーションゲームを得意としていなかったので、今回も実は苦手意識バリバリでプレイを開始しました。

ゲーム的には一般的なストラテジーゲームそのままであり、とにかく施設を建設して資源を集め、兵を訓練し領地を広げるというものです。

良くも悪くも、一般的なストラテジーゲームで、代わり映えしないといえばそれまでですが、ゲーム的には安定した作りであると言えるでしょう。

一応世界観はFF15と共通ですが、ストーリー性はあまり無く、そういう部分も含めて一般的なストラテジーゲームであるという評価にならざるを得ません。

キャラクターがFF15のキャラクターのため、とっかかりやすいという部分においてはストラテジーゲームの入門作品としては申し分が無いのではないでしょうか。

 

戦闘要素で自身が指定できるところはほぼ無いと言っても差支えが無く、戦闘などに関してプレイヤーが関われる部分は、「マップのどこに攻め込むか、どのモンスターを討伐するか」や「どのくらい兵を派遣するか」など程度です。

難しい操作はありませんが、本編FF15を想像している人にとっては簡単すぎる可能性があります。

また、コマンドなどは無いため、戦闘の方向性なども決めることは出来ません。

最初に派遣する人数や派遣先を決めたら、あとはコンピューター任せということになります。

ボイスなども再生されないため、本編FF15の豪華声優陣の声を求めている人は肩透かしになる可能性が高いでしょう。

 

ゲーム初期に「英雄」として使用できるキャラクターは「ノクティス」だけですが、課金でアンロックアイテムを使用すれば「グラディオ」や「イグニス」、「プロンプト」などのキャラクターも使用可能となります。

ただし、課金が必要不可欠となる点には注意すべき部分でしょう。

 

「ファイナルファンタジーⅩⅤ:新たなる王国」というゲームは、建設や練兵の関係上、パパっと遊んでパパっと強くなることは不可能です。

ゆっくりじっくり、時間と日にちをかけてコツコツとプレイしていく放置ゲーのような風合いです。

もし手っ取り早く強くなりたかったり、普通とは違うものを求める場合は、課金を駆使して進めていくしかありません。

無課金でコツコツやるか、課金して一気に進めるか、プレイスタイルによって課金の重要性は大きく変わってしまいます。

 

ちなみに、課金アイテムは610円から購入可能です。

アプリのダウンロード画面では「250円」とありますが、記載されている金額に相違がありますので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイト1番人気♪
黒い砂漠公式HPはこちら
当サイト1番人気♪
黒い砂漠公式HPはこちら