以前、ポケモンの現在位置がわかるPokeVisionについて記事を書きましたが、実はアプリ版PokeVisionが存在するようなのです。

それが今回ご紹介するPokeWhereです。

現在位置の周囲のどのあたりにどんなポケモンが現れているかを、地図上に表示してくれます。

pokewhere1

PokeVisionが不安定かつスマホから使いにくいことからPokeWhereが人気に

現在人気のPokeVisionですが、不安定でメンテナンスが長期化したり、スマホからは使いにくいといった問題がありました。

そのため、代わりのサービスやアプリを探すユーザーが増えているのですが、その中で人気を集め始めているのが、iPhone向けアプリの「PokeWhere」です。

「Go Map for ポケモンGO!」のようなユーザーからの報告をまとめて表示するタイプではなく、ポケモンGOのAPIを使用して、本物のデータを直接取得しているため、リアルタイムかつ正確なポケモンの位置情報を取得できています。

pokewhere2

PokeWhere はどうやって使うの?

PokeWhereが魅力的なことはわかりました。しかしどうやって使うのでしょうか?

PokeWhereは、AppStoreからダウンロード・インストールできます。

pokewhere3

起動すると最初に位置情報の利用許可の確認が出るので、「許可」をタップします。

pokewhere4

すると自動的に自分の現在位置の地図が表示されて、周辺に居るポケモンたちが地図上に表示されます(※画像は、自分の現在位置周辺の地図のスクリーンショットではないのですが、実際にアプリをインストールすると、自分の現在位置が、地図の中心に青い丸で表示されます)

pokewhere5

また、地図は拡大縮小や、移動ができます。

表示したいエリアに移動した状態で、一番下の青い「再読み込み」ボタンをタップすると、現在の範囲のポケモンが表示されます。

pokewhere6

※地図の更新を連続で実行することはできません。最低30秒間の間隔を空けて利用します。

おすすめの記事