DMM運営PCオンラインゲームランキング2017【厳選まとめ】

日本男子の頼れる味方DMM GAMES!

DMM GAMESは萌えオンラインゲーム提供会社の殿堂であり、今や知らない男は居ないほどの知名度を誇っています!

会社的には売れているゲームを自社に取り入れる傾向が強く、DMM GAMESを見ていれば今何が人気なのか判断出来るほど。

艦コレとかグラブルが良い例ですね。

勿論、当サイトでも過去に多数のDMM GAMES作品をご紹介してきましたが、今回はなんとっ! DMM GAMES公式サイト内・ランキング上位(20位以内)の中から、独断と偏見でオススメ作品を紹介していきたいと思います!

御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~

2016年3月29日に正式サービスが開始した現在DMMランキング3位のブラウザゲーム。

通称「城プロ」と呼ばれる今作は戦国時代の有名な城を擬人化した「城娘」と呼ばれる女の子と一緒に自分の城を守る、俗にタワーディフェンスといわれるゲームシステムです。

プレイヤーは城娘達を城の各所に配置して城の防衛していくのですが、マップによって敵兵の通るルートや総数等が変化するので事前に予測・戦略を練って布陣する必要があります。

実は題名のREを抜いた状態で元々サービス展開していたのだが一度大幅なリニューアルをして名前を変えたゲーム。

基本となるシステムは引き継がれているため、元のゲームを引退された方はもう一度覗いてみると良いかもしれない。

現在『アイギス×城プロ:RE』コラボキャンペーン開催中(2017年3月12日(日)23:59まで)!

 

 

千年戦争アイギス

好評のため2014年8月5日から一般版が公開された現在DMMランキング4位のタワーディフェンスゲーム。

そう、一般版が出るまではR18版しかありませんでした。

やはり昔からあるゲームなのでグラフィックはショボいと言わざるおえない。

とはいうもののR18版・一般版・海外版・iOS版、と4つの形式で展開されている事からも分かるように、このゲームは未だに根強い人気を誇っていてプレイヤー数もまだまだ多い。

なんとメディアミックス化されて漫画まである。

ドット絵で描かれる戦闘画面は古き良きゲーム世代を懐かしむ人に安心感を与えてくれるはず。

課金ごり押しするゲームと違い、頭を使う場面が多いのでプレイヤーを飽きさせないでいられるのかもしれない。

前記事の城プロと現在コラボキャンペーン実施中なので合わせて確認しよう!

 

FLOWER KNIGHT GIRL

2015年1月27日に正式サービスが開始された現在DMMランキング8位のブラウザゲーム。

DMMでこういった美少女育成ゲームをプレイされた事のない方はプレイ開始早々ビックリするかもしれない。

冒頭すぐ「団長様、団長様」と寝ている主人公(団長)を起こすヒロインキャラが出てくるからだ。

ここで恐らく合わない人、喜び飛び跳ねる人に分かれるはず。

ただ、その展開にツイていけない人も少し我慢してゲーム部分を遊んでみて欲しい。

インターフェースが見やすく何をするにも迷う事はほぼ無いし、アビリティなどの個性付けでキャラ編成が楽しいゲームなのです。

題名通り「花」がモチーフで、登場するキャラは全て実在する花の名前に準拠している。

そのせいでデンドロビウムちゃんなんてキラキラネームが居たりするのも今作の楽しみ。

皆さんも団長となって花の乙女と害虫駆除に出かけよう!

 

政剣マニフェスティア

2016年2月2日から正式サービスが開始された現在DMMランキング13位のブラウザゲーム。

当初このゲームは事前登録キャンペーン等のお約束を一切せずに、ひっそりとサービスが開始された。

「総理となって政霊を指揮し、ヤトーを倒す」という壮大なボケを急に恥ずかしくなって大々的に公表出来なかったのかもしれないが、とにかく当時は誰もが地雷だと思ったはず。

しかし、実際にプレイしてみると意外や意外、ゲームシステムはかなりの良作だったのである。

その噂はすぐに広まり、誰にも期待されていなかったゲームは皆に愛されるゲームとなっていった。

今なおその人気は衰えておらず、プレイブログは結構な数が存在している。

絶妙に面白くない世界観(だからこそ良い)と本格的な育成型戦略ゲームとのギャップが現在もランキング上位に居続けている理由なのかもしれない。

ちなみに何故か女の子達の名前は外人名と日本姓が組み合わされたモノになっている。

ギャラリーには戦挙ポスターが貼られていて無駄に芸が細かいのも好印象(笑)

 

俺タワー ~Over Legend Endless Tower~

2014年9月2日から正式サービスが開始された現在DMMランキング15位のブラウザゲーム。

プレイヤーは魔塔建築士「オヤカタ」となって捕まえた「建姫」達と共に巨大な塔を作っていく事になる。

少し古いゲームの割に画質は我慢出来るレベルだし、ゲーム内容が他と一線を画しているので今だに真新しさを感じる。

そもそも誰をターゲットにして工具や重機を擬人化したのだろうという疑問は尽きない、が塔をドンドン積み上げていく作業は意外とハマる。

建姫が捕獲される場面は何度見ても笑いそうになるほど。

餌を盗ると籠が落ちる罠ありますよね? アレで捕まえますからね(笑)。

頭が弱い建姫と共に貴方だけの魔塔を作り上げてみませんか?

 

ストライクウィッチーズ 軌跡の輪舞曲 Blitz

2016年6月27日から正式サービスが開始された現在DMMランキング17位のブラウザゲーム。

元々はスマホのアプリで、モバゲー等で提供されていた作品。

人気作品への嗅覚が鋭いDMMによって新たに生まれ変わったのが今作だ。

原作は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」でお馴染みのアニメ「ストライクウィッチーズ」。

既にサービス開始から一年近く経つが、そもそもの原作であるアニメからして大人気だったシリーズなので、その勢いはとどまる事を知らない。

原作ファンの間では有名な作品で大抵のファンは今作に手を出した経験があるはず。

アニメ版では描かれる事がなかったゲームオリジナルシナリオが読めるばかりではなく、DMM版では更なる加筆がされているという気合いの入りぶり。

ゲーム内容は「カードバトルRPG」でキャラクターを模したカードを集め、強化し、お気に入りの編成を組んで強敵を倒していくというモノ。

非常にシンプルなので、ややこしいのが嫌いな原作ファンは時間を忘れて没頭してしまう事間違い無し。

戦闘前も戦闘中も、あのストパンキャラ達がワイワイ声を上げてくれるので原作ファンはそれだけでも嬉しいのではないでしょうか?

ちなみに私はエーリカ・ハルトマンちゃん推しであります!

 

文豪とアルケミスト

2016年11月1日に正式サービスが開始された現在DMMランキング19位のブラウザゲーム

女性向けの作品で、日本の有名な文豪がキラキラしたイケメンになって登場する今作は、SNS等で「腐」属性を持つ女子達を中心に拡がり、今や刀剣乱舞の背に食いつくほどまでに成長している。

昔の文豪が自殺ばっかりしていたせいか、今作の戦闘システムでは仲間文豪の精神状態がカギになっている。

文豪によって精神状態は様々で豆腐メンタルな文豪や鋼鉄メンタルな文豪がおり、プレイヤーはそんな文豪達を率いて敵と戦っていく事となる。

 

文豪達にはレアリティがそれぞれ決められているが、戦闘面での影響はほぼ無い。

なので低レアリティだけど好きな絵があるの! って方には嬉しい仕様。

とにかく文豪達全員がイケメン+イケボな奴らばかりなので、それだけでも十分楽しめるはず。

乙女な方達は勿論、男だけどイケメン好きな方や課金額で強さが極端に変わるのに嫌気がさした方などにオススメしたい作品です。

 

まとめ

さてさて今回はDMM GAMES特集でしたがいかがだったでしょうか?

たくさんの種類のゲームを提供している会社なので厳選するのも一苦労でした。

新しいタイトルではないので既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この記事を見てゲーム選びの一助になれれば幸いです!

 

それでは良いゲームライフをお送り下さい!

 

 

管理人おすすめランキング♪
FPS・TPSおすすめランキング mmorpgおすすめランキング PCオンラインゲームおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA